前へ
次へ

中国語のリスニング学習は難しい

漢字の新字体と簡体字という多少の差はあるものの、共通点が多く見られる漢字で構成される言語ということもあって、日本人にしたら一見中国語は学びやすいように見えます。しかしながら、発音となると日本語とは大きく異なるため、ここで挫折をしてしまう学習者がとても多いのです。一見似ているように見えるのできっと簡単だろうと高をくくって学習を始めるものの、実はリスニングやスピーキングがとても難しいのが特徴です。日本語には音読みと訓読みがあり、それぞれを使い分ける必要があります。他方で、中国語となると音だけの世界になるので、それが一体何を意味しているのかを感じを見なければわからないといった状況が生まれてしまうのです。その結果、簡単そうに見える中国語であっても、発音が全く違うのでかなりの聞き取り能力を要求されます。そこから自分の力を伸ばしていくことができるか否かが、語学の習得と上達に大きく関係してくる事がわかるのです。

Page Top