前へ
次へ

中国語の学習中に昼寝をはさもう

中国語を学ぶ人は多くいますが、その学習方法は人によって大きく違います。集中して一気に勉強をするという人も入れば、少し勉強しては休んで少し学習しては休んでを繰り返す人もいます。学習方法は人によって効率的に行えるかどうかは好みなども関係してくるので、どの勉強方法が最適とはなかなか決めるのは難しいです。ですが脳は学習することで疲弊してくるので、途中で休憩をいれることはとても有効的になります。では実際に中国語を集中して勉強している場合ですが、できれば10分から30分程度の昼寝を挟むと効果的という事がわかってきています。脳はずっと使用したままでいると疲れて動きが鈍くなります。動きが鈍くなると新しい単語や文法なども覚えることが難しくなります。休憩をはさむという方法も効果はありますが、より脳を休めるときにおすすめなのが昼寝になります。数十分でも昼寝をすると脳がゆっくり休まるので、昼寝後は脳がすっきりとしており新たな情報を覚えやすくなり結果として勉強効率が向上します。

Page Top