前へ
次へ

中国語の学習でいかに基本の発音を身に着けるか

不思議に感じることとして小さい子供はなぜ数年しか生きていないのにそれぞれの母国語を話せるかがあります。日本人の大人が英語を話そうと何年も英会話教室に行っても話せるようになりません。でも英語圏で生まれた子などは簡単に英語が話せます。ただこれは英語だけに言えるのではなく日本人の子供は日本語が話せます。海外の言葉からすると日本語は難しい部類に入るらしく、日本人の子供はよく日本語を使いこなせていると思われているのかもしれません。英語にしても日本語にしても発音があり、それらは親などの会話から身に着けます。自然に身につくものなので、教えられて身に着けるのとは違うのでしょう。中国語の学習の重要なポイントとしてあるのが発音で、日本語に比べると非常に多くの発音があるためまずはそれを覚える必要があります。厄介なのは日本語で表現できない発音があることで、中国語の学習をするときに障害になることもあるでしょう。最初無意味な発音を覚えさせられる時がありますが、それをしないと後々上達しにくくなります。

Page Top